血液サラサラで病気にサヨナラ|定期的に血液検査や血圧を測定して数値を把握

笑顔の女性

血液年齢の回復に

和食

まずは入浴を

血液の状態の良し悪しは体の健康のバロメーターといっても過言ではなく、血液の循環が悪くなるとおのずと様々な体への弊害が発生します。その中でも軽症であれば冷え性などがあり、慢性的になればしもやけなどの原因ともなります。ただ場合によっては血液の循環引き起こすことによる重い弊害、例えば脳梗塞やくも膜下出血、心筋梗塞など引き起こさないためにも日頃からの血管ケアが大切です。血管ケアとなれば基本はサラサラな血液を目指して血流改善を行うといった行為が必要です。単純に行うのであればまずは日頃から体を温めるといった方法がお手軽です。その中でも入浴は気軽に行えます。ただ入浴といっても熱いお湯につかるのではなく、少しぬるめのお湯でゆったり入浴するのがよいとされます。

ナットキナーゼの効果

上記で述べた血流改善の行いとして入浴を進めましたが、それと併用しての運動も当然ながら必要であり、心肺機能を鍛えることにより体の隅々まで血液を行きわたらせます。その結果冷え性などにも効果てきめんです。食生活の改善も大きな改善ともいえ、血液を循環させる食物を摂取するというのがよいとされます。血流改善には数多くの食材が存在しますが、その中でも納豆はサラサラ血液を生み出す効果があり、その成分であるナットキナーゼは血液中の血栓を溶かしおのずとサラサラ血液へと改善させます。納豆以外でも玉ねぎやトマトのような抗酸化作用のある食材も血流改善促進効果が望めます。ごくごく最近ではそういった野菜のエキスを濃縮したサプリもあるので選んで選別するとよいでしょう。